NIK♡EUSKADI 〜バスク生活日記〜

バスク地方に住む日本人のブログ

San Fausto!

またまた久しぶりの更新になってしまいました😥💦


もう10月も中旬🍁日本も秋らしくなってきてると思います。

こっちも朝晩と肌寒くなってきたなぁー、暑がりのバスク人でもちらほらコートを着てる人も出てきた!と思ってきたのですが、ここ数日、ほんとにポカポカ暖かくて、夏に戻ったような日が続いています☀ちょっとびっくりです。


そんな天気に恵まれてる中、Bilbaoからバスで約30分くらいのところにあるDurango(ドゥランゴ)という村で“San Fausto”(サン・ファウスト)祭りが始まりました✨


f:id:Laztantxo:20171014003954j:plain


Durango村の守護聖人であるSan Faustoにちなんだお祭りです。


昨日の10月12日(スペイン全体の祭日であるイスパニアデー)〜22日まで(16,17,19日の3日間はちょっと休憩)!こっちのお祭りは数日だけじゃ終わりません!笑 さすがです。

ちなみにSan Faustoの日は13日、昨日でした!なので、Durango村のお店やスーパーとかは全部閉まってました。。スペイン、いやバスクでももう当たり前の話ですね😑笑


お祭りの10日間、オンダロア村のお祭り同様に、様々なプログラムが用意されています。

例えば、、こっちのお祭りには欠かせないマルミタコやパエージャ、トルティージャのコンクール!バスク伝統音楽のコンサートやダンスはもちろん、DJやいくつかの音楽グループが来て、夜のfiestaを盛り上げたり🎉また仮装のショーがあったり、子供向けのアクティビティもあったりします!


昨日は、パエージャのコンクールがありました!

f:id:Laztantxo:20171014081816j:plain

写真の右に見える白いテントみたいなところで、みんなパエージャを作ってました✨


f:id:Laztantxo:20171014081958j:plain

近くではこんな感じ。

コンクールと言っても、中には本気で作ってる人もいるとは思いますけど(順位も付けられたりもするので)、どちらかというと参加者たちは仲良いグループで集まって、おしゃべりしながら楽しく作って食べる♫みたいな感じだと思います!


そして、San Fausto祭りといえば、“Zezenak dira”(セセナック ディラ)と“Artopillek”(アルトピジェック)!


“Zezenak dira”とはバスク語で“牛たち”!

参加者たちが牛を追います!有名なパンプローナのSan Fermines、牛追い祭りがありますが、それのミニバージョンですね。

ただ、パンプローナとは違って大人の雄牛ではなく子牛🐮そして放したままではなく、牛には綱が付けてあり、その牛の飼い主や酪農などに従事してる人たちがその綱を引いたりして逃げたりしないようにしてます。

実はここの“Zezenak dira”は400年以上の歴史を持っているんです!そしてDurangoのあるビスカヤ県では、この行事は昔はお祭りなどではよくある光景だったみたいですが、今ではこことOtxandio(オチャンディオ)という村でしかやっていないそうです。


そして、“Artopillek”!名前からすると機械か何かの会社っぽいですが、実はお菓子の名前🍪笑

マフィンのようなお菓子で、中にとうもろこし(バスク語で“arto”)の粒が一粒入っているみたいです!それを村の議員さんたちがみんなに配るのが伝統みたいです!


写真がないのが残念ですが、Durangoの観光局のURLを貼っておきます!San Fausto祭りのページがあり、いくつか写真があります!

http://www.turismodurango.net/es/san-fausto-jaiak

ちなみに、“Jaiak”とはバスク語で“お祭り”という意味!“Jaiak”(バスク語)=“Fiestas”(スペイン語)です😄

El día del marinero (Arrantzale eguna)!

先週の木曜日、オンダロア村はEl día del marinero(バスク語でArrantzale eguna)でした!

日本語でいう漁師の日、船乗りの日みたいな感じですね🐟

オンダロア村では、8月11日〜17日までお祭りで、この約1週間の間、コンサートやダンス、花火、Marmitako(マルミタコ、カツオやジャガイモなどのトマト煮)やトルティージャのコンクールなどいろんなプログラムがありました!


f:id:Laztantxo:20170818210724j:plain


この日も前に紹介したZapato Azuleの時みたいに青い服を着ます!


f:id:Laztantxo:20170818205834j:plain


これは子供用ですが、Maon(マオン)と言って、こっちの漁師さんや漁業に従事してる人たちが着ていた服で、バスクの海側の村とかでお祭りがあるときは、たくさんの人たちがこういう服を着ます✨

子供用はいろんな種類があって、すごく可愛いんです♡ ヘアーバンドまであります!


オンダロアは、漁村ということもあって、約1週間続くお祭りの中でも、1番盛り上がるのが、El día del marineroなんです🎶


この日は、天気にも恵まれたせいか、人・人・人でした!笑 ちっちゃい村なんで、道も結構細いんですが、この日は、道でコンサートがあったり、ダンスを踊ってたりで、通るのに一苦労でした💦笑


f:id:Laztantxo:20170822085043j:plain


たぶんここで踊ってた人たちは一般参加の人たちだと思います!

この踊りはバスク伝統のダンスで、お祭りがあるとみんな踊ってます💃日本でいう盆踊りですかね、リズムがかなり違いますけど。笑 

こうやってここの人たちが自然な流れで、踊ろう!って感じで参加していて、踊ってる人も観ている人も楽しんでいました😊😊😊


こっちのお祭りは、スペインのイメージ通り、お酒をいっぱい飲んだりももちろんしますが(笑)、昔からの服を着たり、こうやって伝統のダンス、音楽やスポーツなども観ることが出来ます🎵

楽しみながら、バスクの伝統を見て、感じることが出来ますっ✨

Zapato Azuleの続き!

久々の更新になってしまいました💦


前回はOndarroa村の“Zapato Azule(zapato urdiñe)”について軽く書きましたが、その様子の写真をアップします✨

f:id:Laztantxo:20170725193037j:plain

今年のZapato Azuleは、小雨が降ったりして、天気に恵まれなかったせいか、いつもより人が少なかったです💦いつもなら、この写真の場所が、空きがないくらいに青い服を着た人で埋まるんです!が、今年は写真な感じになりました。笑

いつもより「お祭りー!!」って感じはしませんでしたが、お祭り気分も味わえながらも、人混みも少なかったので良かったです✨


Zapato Azuleでは、バスクのお菓子や手作りのアクセサリー、服などを売ってる小店が出たり、今年はTシャツ市みたいなのもあったりしました!


そして、たーくさんの人が隣のギプスコア県のTolosaというところから、自転車で来たり、歩いてきたりしました(日本でいう歩け歩け運動みたいな感じ)!

f:id:Laztantxo:20170813182237j:plain

みんなが村に着いたのは午後13時くらいだったのですが、歩いて来た人たちがTolosaを出発したのはなんと夜中の1時😮😱そして自転車の人たちは朝の6時!

知り合いも何人か参加してたのですが、今年は風が強くてすごく寒かったって言ってました!しかも、写真ではちょっとわかりにくいかもしれないですが、参加者の人数がかなりの人数だったんです!いやー、みんな根性あるなーって思っちゃいました💦笑 


私たちも子供がもうちょっとおっきくなったらねーって話をしてましたけど、、12時間歩く。ってなると、、ちょっと考えてみます😅笑

Zapato Azule!

あっという間に6月に終わり、7月になりました!
こっちは6月の終わりから子供たちや学生は長〜い夏休みがスタート!そしていろいろな所でfiestas(お祭り)が始まります🍻🎆💃


スペイン人と間違えらるのを嫌がるバスク人ですが、お祭り大好きなのはスペイン人と全然変わりません🤣笑 6月から毎週、特に週末はいろんな町や村、地区でお祭りがあり、来週からは牛追い祭りで有名な、パンプローナのSan Fermin祭りが始まります✨


そして今日はOndarroaという小さな漁村で、Zapato Azule(サパト アスレ 日本語で青色の土曜日)というお祭りがあります!この日はお祭りに参加する人はみんな青い服を着て、名前の通り、村全体が青一色になります👖


f:id:Laztantxo:20170701083503j:plain


毎年お祭りのポスターは変わりますが、今年のポスターは、どこか親近感が。。笑 なぜバスクのここのお祭りのポスターにピカチューが描かれてるのかは置いといて、、初めてこのポスターを見たとき、あれ?名前変わった?と疑問が。そうなんです、いつもは“Zapato Azule”なのに、今年は“Zapato Urdiñe”(サパト ウルディーニェ)に💦

バスク語のオンダロア方言で、
Zapato = 土曜日
Azule = 青色
共通バスク語(batua バトゥア)で、
Urdiñe = 青色

だから、意味は全く一緒なんですが、今年は名前が変更!ここに数年しか住んでない私でもZapato Urdiñeには慣れないから、ここの人たちはもっとだろうと思います🤔😓笑


そんなZapato Azule(今年だけZapato Urdiñe)のお祭りの様子は次のブログにアップします!

暑い、、暑い!!!

久しぶりの更新! 夏バテしてました🌞笑


6月ももう残り10日!でももうほぼ夏と言っても良いくらい暑くて暑くて•••🌴冬よりは夏の方が個人的には好きなんですけど、、、やっぱり暑い!!!!笑

今日も、、、
f:id:Laztantxo:20170620212643j:plain


スペインの南、アンダルシア地方とかに行くと、もっと暑くても、カラっとした暑さ🌞でもバスクは日本みたいにとにかく蒸し暑い!!しかも私が住んでる所は海がない内陸部にあるので更に暑い😓😓🌴


昨日も日中はほんと暑くて、正直外に出るのは不可能。。って思ってたら、夕方になるとだんだん空が灰色に、、と思ってるうちに雷雨⚡今日も天気予報だと夕方からまた雨☔バスクの天気はこんな感じです。笑


こんな蒸し暑いときは、冷蔵庫に冷やしてある日本のほうじ茶と麦茶がもう最高☺☺やっぱりホッとしますねー♪日本の夏を思い出します…🗻今年の夏も暑くなりそうですけど、日本のお茶でのりきりたいと思いますっ!!

運転免許証!

ちょっと更新が遅くなりました💦月曜日にビルバオの交通局 “DGT“ (“Dirección General de Tráfico"の略)で、日本の免許証をスペインのに切り替えてきました🚗

スペインで運転するには、、

  • 日本の免許証を国際免許に切り替える
  • スペインで免許証を取得する
  • 日本の免許証をスペインの免許証に切り替える

のどれかをすれば運転出来ます。


ペーパーではありますが、免許所持者の私。数年前に1度だけ国際免許に切り替えたのですが、有効期限はたったの1年💦
旅行で来てちょっと運転するくらいとかたまーにの運転だったらそれでも良かったのですが、子供をどこかに連れて行くのに動きやすいのはやっぱり車かなー、そうなると運転する機会はもっとあるし、1年ごとの更新はちょっと。。って思ったので、思いきって今回スペインの免許証に切り替えることに!!

正直、元々持ってる日本の免許証をスペインのにするだけだから簡単だろう!って思っていたのですが大間違い😒笑 思った以上に必要な書類があってびっくりしました!今日は、そんな運転免許証の切り替えについてお話したいと思います。


プロセス1⃣
~日本大使館に書類を送る~

マドリードにある日本大使館に、以下の必要な書類を送ります。

  • 日本の運転免許証の原本
  • 運転免許経歴証明書: 日本の警察署/免許センターなどで発行。(過去に失効した免許、取り消された免許又は現在受けている免許の種類、取得年月日等について証明するもの。)
  • 証明発給申請書: 大使館が発行。

これらの書類を送るのですが、運転免許経歴証明書は、スペインに居ては取れないので、私は日本に住んでる家族に取ってもらいました。


プロセス2⃣
~日本大使館へ書類を受け取りに行く~

プロセス1で送った免許証と運転免許経歴証明書は日本大使館で正式に翻訳してもらいます(翻訳証明書)。
免許証自体は、大使館に取りに行けますし、地方に住んでいれば郵送してもらうことも出来ます。

ただし!翻訳証明書は大使館に“直接“取りに行かなければいけません。というのも、受け取りに行ったときに、翻訳手数料の47ユーロを払わなきゃいけないんです!

マドリードやその周辺に住んでれば行けますけど、なかなか行けない地方に住んでる人はどうすれば❓❓❓そうですね、、大使館に行ける知り合いなどに頼む❗それのみ❗❗笑

運良くマドリードに住む彼の友人に頼んで受け取りに行ってもらえることが出来たのですが、知り合いも誰もいなかったら、、と思うと••😱知り合いに受け取りに行ってもらえてほんとに助かりました!


プロセス3⃣
~DGTに事前に予約~

まず近くにあるDGTを探して、そのDGTで事前に予約します。電話でも予約は出来ると思いますが、ホームページからだったら自分のペースで日にちも時間も選べるし、簡単だと思います!

近くにあるDGTを探したり、予約をするにはDGTのホームページから出来ます。
Dirección General de Tráfico: http://www.dgt.es/es/


プロセス4⃣
~DGTに書類を提出~

プロセス1,2,3が無事に終了したら、近くににあるDGTに行って必要な書類を提出します。必要な書類は以下の通りです。

  • 日本の運転免許証の原本とコピー
  • 所定の申請書: 各DGTが発行。
  • 申請書と一緒に渡される名前•身分証明書番号•サインを記入する用紙
  • 大使館から受け取った翻訳証明書
  • 本人確認の身分証明書(パスポート/DNI/NIE)
  • 健康診断書: 居住する県の運転検査センター指定の医療機関が発行。料金は同じだと思いますが、私は53ユーロ払いました。
  • 顔写真1枚(縦3.2cm × 横2.6cm)
  • 手数料: 27.7ユーロ(カードのみでの支払い)

これらを全て提出して、やーっと切り替え完了👏
免許証が着くには時間がかかるみたいですが、その間に免許証の代わりになる用紙をもらえます。


実際切り替えの手続きをして、長いなとは思ったんですけど、こうやって文章にしてみると更に長く感じますね💦笑

国際免許証と比べると、正直、何倍もの書類を提出したりと体力がいりました💨そして、手数料が意外とかかりましたねー。結局、合計127.7ユーロ(日本円にして今の為替で約16000円)💱国際免許証の手数料は2400円なので、かなりかかりました。
でも!!スペインの免許証に切り替えてからの有効期限は、10年❗❗毎年更新しなくて良いので、そういう意味では良かったです♪

ちょっと時間がかかって大変でしたけど、新しい経験 & 勉強になりました!安全運転を心がけて、これからどんどん運転したいと思います☺🚗

飲み物事情!

ここ最近、良い天気☀だったり、急な雷雨⚡が来たり、雨が降って寒くなったり☔と安定しない天気が続いていたバスク。でも昨日と今日と気持ちの良い快晴!!

雨が多いバスクに住んでるせいか、こっちの人たちは、良い天気になるとここぞとばかりにバルのテラス席へ!天気の良い日は、ビール飲んだりお茶をする人でテラスは満席です🍺🍹☕


こっちの人はそんなバルでよくワインやビールを飲みますが、暑い日や夏によくみるのがレモン風味のビール🍋ビールのすっきりしたのどごしに爽やかなレモン味が暑い日にスカっとして大人気です!
いろんなメーカーがこのレモン風味のビールを発売してますが、メーカーによってはビールの味が強かったり、アルコールが低くてレモン味が強かったりといろいろです。


ビールが苦手な私もそのレモン風味のビール大好きで良く飲んでました!しかし•••!一人目を妊娠してから今日までアルコールとはさよならを。。
でもありがたいことに二人目のときはそのレモン風味のビールにもノンアルコールが(私の記憶の限りだと一人目のときはそのノンアルコールバージョンは未発売)!!飲めないと余計に飲みたくなっちゃうんですかね、それを発見したときはかなりうれしかったです!笑

それからはたまにスーパーで買って家で飲んだりしてたのですが、そんなある日。レモン以外のノンアルコールビールに出会いました!!

Bavariaというオランダのメーカーのフルーツ味のノンアルコールビール!!
f:id:Laztantxo:20170508031008j:plain

近くのスーパーで見るのは、ザクロ、ピーチ、イチゴの三種類!ノンアルコールといっても中にはビールの味がするノンアルコールビールもあるのですが、このノンアルコールビールはビールの風味が“0“!普通のフルーツ味の炭酸飲料との違いがわからないくらいです。笑

このなかでも一番のお気に入りは、ザクロ♪甘酸っぱくて、すごく美味しんです!いろんな種類の飲み物がある日本でも“ザクロ味“って珍しいと思います。

こっちは日本に比べるとノンアルコールの飲み物の種類がとにかく少ない!というか日本が多すぎるのかもしれません。笑 例えば、ファンタなんかはオレンジかレモンの2種類•••🍊🍋。最初は、え!?!?これだけ!?って思いましたが、あとは慣れですね。正直、ブドウ味がすごく飲みたくなりますけど🍇笑 日本じゃどこでも手に入るジンジャーエールなんかはほんとに限られたおっきなスーパーとかでしか売ってません。。たまーーにバルにあったりしますが、日本ほどポピュラーじゃないみたいです。

このフルーツ味のノンアルコールビールは、今のところバルとかでは見かけたことはないです。でも気軽に近くのスーパーで買えるこのフルーツ味のノンアルコールビールは私の楽しみになってます♪